JXTG、大型蓄電事業の英ファンドに出資

2020/6/19 19:04
保存
共有
印刷
その他

石油元売り大手のJXTGエネルギーは19日、欧州を中心に大型蓄電事業などを投資対象とする英国のファンドに出資すると発表した。出資額は約3億9000万円で、出資比率は非公表。JXTGはグループ全体で再生可能エネルギー事業の拡充を図っている。今後蓄電池を使って分散する電源を一つに束ねて需給調整する「仮想発電所(VPP)」の実証にも取り組んでいく。

ファンドはゴア・ストリート・エナジー・ストレージで英国などで大型蓄電池システムのプロジェクトを担っている。JXTGは欧州で先行する蓄電池を使った電力需給の調整ノウハウなどを同社を通じて取得し、国内での事業展開につなげる狙いだ。

脱炭素の世界的な潮流でJXTGは経営の多角化を図っている。石油製品の販売に頼る事業構造から転換する必要に迫られている。新たな事業に投資して、収益の柱に育てる事業戦略を進めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]