/

和歌山県白浜町、7月23日に海開き 町職員らが3密監視

白浜の海水浴場は毎年、観光客でにぎわう

関西有数のリゾート地である和歌山県白浜町は19日、町内に4カ所ある海水浴場のうち、白良浜(しららはま)など3カ所の海水浴場を7月23日~8月31日の間、オープンすると発表した。白良浜は5月3日にオープン予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期していた。

白浜町は安全に海水浴場を開くためのガイドラインを作成。町が海水浴場に例年設置している臨時の更衣室を今年は設置せず、海水浴客には自家用車や利用する宿泊施設での着替えを求める。このほか町職員らが海水浴場を巡回し、3密の状態が発生しないかを監視する。

白浜町には例年の7~8月、約70万人の観光客が訪れる。今年は新型コロナの影響で観光客が激減しており、町内の経済団体は「このままでは町の経済が立ちゆかない。海水浴場を開設してほしい」と強く要望していた。一部には安全面からオープンを懸念する声もあったが、町は「経済活動の再開と感染症対策の両面から対処することが求められている」と判断した。

関西地方では、須磨海水浴場(神戸市須磨区)やアジュール舞子海水浴場(同市垂水区)の今夏の利用が中止となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン