四国の観光施設をサブスク 水族館など割安利用OK

2020/6/19 18:43
保存
共有
印刷
その他

四国ツーリズム創造機構は19日、四国4県の観光地を割安で利用できるサービス「四国版トラベルサブスクリプション」を8月に始めると発表した。水族館や動物園、城など40施設から最大6施設を総額2500円で楽しめるサービスで、JR四国の特急券付きのプランも発売する。

四国4県の観光地を割安に利用できるサービスを始める(高松市)

専用アプリでサービスを提供する。2500円を支払った利用者に6ポイントを付与し、施設ごとに決められたポイントを使えば入場できる。例えば2ポイントで入れる施設であれば3カ所、1ポイントで入れる施設だと最大6カ所を楽しめる。

通常料金で利用したと想定した場合、総額3500円になるようにポイントを設定するため、このサービスを使えば1000円ほど割安になる。創造機構は観光施設の運営者と交渉中で、四国4県の各県に10の観光施設の提供を目指す。既に四国最大級の水族館、四国水族館(香川県宇多津町)の参加は決まっている。参加施設の一覧や特急券付きのプランなど詳細は7月下旬に発表する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]