兼業・副業での戦略担当公募 岡山市、観光など3分野

2020/6/19 18:36
保存
共有
印刷
その他

岡山市は19日、戦略的な施策の立案へ兼業・副業での専門人材を募集すると発表した。フリーランス人材向けの仕事紹介などを手掛けるみらいワークスと連携。観光プロモーション、社会課題解決へのIT(情報技術)の活用推進、防災力向上への地域コミュニティ形成の3分野で、民間で培った経験やノウハウを生かしてもらう狙いだ。

民間企業で培った経験やノウハウを生かしてもらう(岡山市役所)

同市の「プロフェッショナル人材活用プロジェクト」では、3分野の「戦略マネージャー」を同社に委託して各1~2人募集する。居住地は問わず、市役所への通勤とテレワークの組み合わせで週1回程度の勤務を想定。日給は2万5000円で、別に交通費を支給する。任期は8月中旬から2021年3月末まで。

応募は同日から7月10日まで、みらいワークスの特設ホームページで受け付ける。同社は企業向けに約1万4000人の登録者などから専門人材を紹介しており、自治体との連携は初めて。人材のシェアを通じて地域活性化に貢献できればとしている。

中国地方の自治体では広島県福山市が18年から、民間企業との兼業・副業に限定した専門人材を採用している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]