/

この記事は会員限定です

キャピタルメディカ、認知症「予備軍」をオンライン判定

[有料会員限定]

医療コンサルティングなどを手掛けるキャピタルメディカ(東京・港)は7月、オンライン上で「認知症予備軍」とされる軽度認知障害(MCI)の疑いを判定するサービスを始める。こうしたサービスは国内初という。新型コロナウイルスで院内感染が危険視される中、認知症や高血圧症などの予防を軸にオンライン医療サービスが広がる可能性がある。

MCI検査サービスの名称は「BI-NOU(ビノウ)」。利用者はタブレットやパソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン