キャピタルメディカ、認知症「予備軍」をオンライン判定

2020/6/19 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療コンサルティングなどを手掛けるキャピタルメディカ(東京・港)は7月、オンライン上で「認知症予備軍」とされる軽度認知障害(MCI)の疑いを判定するサービスを始める。こうしたサービスは国内初という。新型コロナウイルスで院内感染が危険視される中、認知症や高血圧症などの予防を軸にオンライン医療サービスが広がる可能性がある。

MCI検査サービスの名称は「BI-NOU(ビノウ)」。利用者はタブレットやパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]