/

九州の交通事業者、13社が休廃業 コロナの影響で

九州運輸局は19日、5月末までにバスとタクシーの事業者4社が廃業し、9社が営業を休止したことを明らかにした。新型コロナウイルスによる外出自粛や外国人観光客の急減などで、交通事業者の収入が大幅に減少したことが影響したとみられる。同局の調査では九州のバスや鉄道、タクシーなど主な交通事業者の7割以上が今後の資金繰りに不安を抱えているという。

調査は5月末までにバス、鉄道、タクシー、旅客船の事業者104社を対象に、資金繰りなどを聞き取りした。このうち72%となる75社が、現在の減収が続くと1年以内に「資金繰りが不安になる」と回答した。

九州運輸局の岩月理浩局長は同日「ここまで厳しいとは驚きだ。地域の足を担う公共交通を支援してもらいたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン