/

この記事は会員限定です

安易に流行に乗る愚を知る 「コロナバブル」と動かず

私の投資道 尾上堅視さん(上)

[有料会員限定]

5、6月は金融緩和や経済再開への期待から株が大幅高となりましたが、私はほとんど投資をしませんでした。本業のファイナンシャルプランナー(FP)の仕事でオンライン相談が増え時間的に動けなかった面もありますが、たとえ時間があっても買わなかったでしょう。コロナバブルともいえる今の相場が自分の肌感覚とあまりにかけ離れているからです。上がっているからと慌てて買っても高値づかみになるリスクがあります。相場の結果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン