/

くら寿司、養殖マダイ200トン仕入れ、養殖業支援

回転ずし大手のくら寿司は19日、買い手が減少して苦境に立つ養殖業者の支援を始めると発表した。愛媛県の養殖業者5社から、養殖マダイ計約200トンを仕入れる。仕入れた養殖マダイは冷凍して保存する。その間、冷凍でもおいしく食べれる新商品を開発し、10月に店頭で販売する。

新型コロナウイルス感染拡大で、買い手である飲食店が休業や営業時間を短縮するなどして、養殖魚の出荷量は減少している。エサ代が経営を圧迫したり、新たな稚魚を育てられなくなったりしたなどの課題を抱える養殖業者を支援する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン