出光、給油所の統一ブランド「アポロステーション」に
21年4月に刷新

2020/6/19 17:30
保存
共有
印刷
その他

旧昭和シェル石油との経営統合以降も併存していた旧出光系と旧昭シェル系の2ブランドを「apollostation(アポロステーション)」にそろえる

旧昭和シェル石油との経営統合以降も併存していた旧出光系と旧昭シェル系の2ブランドを「apollostation(アポロステーション)」にそろえる

石油元売り大手の出光興産は19日、系列のガソリンスタンド(給油所)のブランドを2021年4月から刷新すると発表した。19年4月の旧昭和シェル石油との経営統合以降も併存していた旧出光系と旧昭シェル系の2ブランドを新ブランドにそろえる。

新たな給油所のブランド名は「apollostation(アポロステーション)」。旧出光のブランドに使われていたアポロマークに掲げる太陽神の顔のデザインをロゴに使う。

21年4月からはブランドの刷新に伴い、これまでは旧2社それぞれの系列給油所でしか使えなかった会員カードを共通で使えるようにする。カードをはじめとする販売施策を一本化することで、消費者の利便性を高める。

出光は現在全国6400カ所に給油所を持つ。約1万3千店を展開する業界首位のJXTGエネルギーの「ENEOS」と出光を合わせると全国の給油所数の6割超を占める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]