経済効果、危機管理… 大阪都構想 埋まらぬ溝

2020/6/19 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「大阪都構想」の制度案が19日、法定協議会(法定協)で大阪維新の会などの賛成多数で可決された。反対だった公明党が2019年5月に賛成に転じてから1年余りの間に12回の会合が開かれたが、経済効果や災害時の体制などを巡り推進派・反対派の溝は残ったまま。11月1日に実施される見通しの5年ぶりの住民投票で争点になりそうだ。

最重要テーマの一つといえるのが、特別区移行による経済効果だ。府・市の委託を受けた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]