TPP11参加 中国の本気度 ウェンディ・カトラー氏
米アジア・ソサエティー政策研究所副所長

小竹 洋之
Asiaを読む
編集委員
2020/6/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の李克強(リー・クォーチャン)首相は5月、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)閉幕後の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP11)への参加について「中国は前向きで開放的な態度を取っている」と述べた。TPP11は2018年末に発効した自由貿易協定(FTA)だ。

もともと米国を含む12カ国で署名したが、トランプ米政権が17年に離脱を宣言、米国を除く11カ国で発効した経緯がある。中国首相が公の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]