/

この記事は会員限定です

甘いトウモロコシ、栽培拡大

メロン並の糖度/大手スーパーも採用

[有料会員限定]

メロン並みに糖度が高いトウモロコシの栽培が全国で広がり、販売を伸ばしている。京都府の農業法人は粒が白く、甘みが強い品種の出荷を増やす。熊本県では地域ぐるみで栽培を進めた甘い品種が人気を集める。価格は普通のトウモロコシの倍程度。スーパーは差別化商品として品ぞろえしている。

京都府久御山町の農業法人ロックファーム京都が2019年から生産・販売するのは実が白いトウモロコシだ。特徴はその甘さ。鮮度と熟度を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン