普段使い商品が回復傾向 大和はキッチン用品など好調

2020/6/19 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などを受けて落ちこんでいた北陸の消費活動が、キッチン用品やカレーなど「普段使い」の商品・サービスを中心に回復しつつある。売上高が前年の8~9割まで戻る店舗も出てきた。一方、記念日や歓送迎会など「ハレの日」の需要は依然として低調な店舗が多い。

5月18日に営業を再開した百貨店の大和香林坊店(金沢市)は、同日から5月31日までの売上高が前年同期の8割超だった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]