/

SBSホールディングス、四国の運送会社株式取得

SBSホールディングス(HD)傘下のSBSフレック(東京・墨田)は19日、日ノ丸急送(高松市)の株式49%を約3億円で取得すると発表した。SBSHDは日ノ丸急送の四国の配達網を獲得し、同エリアでの売り上げ増を目指す。株式取得は8月1日めどとする。

日ノ丸急送は四国と岡山など計5県に13の営業所があり、四国一円の大手コンビニや食品卸の物流網を担っている。SBSフレックは食品の冷蔵輸送に強く、全国に70拠点があるが、四国は手薄だった。日ノ丸急送の株式を取得し、同エリアでの業務を委託する。

SBSHDの担当者は「両社の強みを最大限に活用しながら、全国物流ネットワークの一層の強化に取り組む」と話している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン