/

この記事は会員限定です

東海汽船、東京離島結ぶ新船 小笠原の「孤島」問題解消

[有料会員限定]

東海汽船は25日、新しい大型客船「3代目さるびあ丸」を就航させる。東京都港区の竹芝と伊豆諸島などを結ぶ。1992年から運航する2代目の老朽化に伴う代替わりだが、3代目は新たに小笠原諸島まで行ける仕様にした。同諸島には毎年1カ月弱の間、客船の行き来が途絶える「孤島」の期間があったが、新船就航で解消する。

3代目の大きさは2代目とほぼ同じ全長約118メートル、幅17メートル。多目的トイレなどバリアフリーに対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン