禁煙治療に「デジタル薬」 アプリが初の薬事承認へ

2020/6/19 16:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

病気をスマートフォンアプリで治療する「デジタル薬」が日本で初めて実用化される。国内スタートアップが開発した禁煙治療用アプリが19日、厚生労働省から薬事承認の内定を受けた。患者に応じたアドバイスを自動生成し禁煙行動を促す。開発費が少なく利用も簡単な新たな薬が医療として認められることで医療の効率化が進む。

医療スタートアップのCureApp(キュア・アップ、東京・中央)が開発した。ニコチン依存症を治…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]