/

秋田県、補正予算案を追加提案 医療従事者に慰労金

秋田県は19日、開会中の6月県議会に追加提案する補正予算案を発表した。新型コロナウイルスの感染リスクがある中で働く医療機関や介護施設の職員に対して慰労金を支給する事業に52億7500万円を充てる。一般会計で総額81億8400万円を計上する。

医師らへの慰労金について説明する秋田県の佐竹敬久知事(中)(19日、秋田県議会)

慰労金は感染者が入院した病院の医師、看護師らには1人20万円、その他の感染症指定医療機関には10万円、開業医や介護サービス事業所には5万円を支給する。調剤薬局の薬剤師らには県独自の施策として5万円を支給する。支給対象は約8万人に上る。

医療機関や調剤薬局などの感染防止対策に対する補助27億1400万円も盛り込んだ。補正後の一般会計予算額は6388億7400万円で、2019年度6月補正後と比べ9.3%増となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン