/

この記事は会員限定です

コロナ契機に変わる住まい 働きやすさ、優先事項に

「テレワーク前提」で改修・転居

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに広がった在宅勤務。働く人たちにとって「ウィズコロナ」の新たな生活様式は、子どもと過ごす時間が増えるといった利点も少なからずあった。テレワークが定着すれば、自宅で働くことを前提にした家づくりが普及し、出社回数が減ったことで住まい選びの基準が変わる可能性がある。

「こんなに書斎が活躍するとは考えてもみなかった」。横浜市の石井亮さんは都内の食品メーカーに勤めるが、政府の緊急事態宣言が発令された翌日から在宅勤務となった。思いがけず活躍したのは居間に作ったワークスペースだった。

昨年、マンションをリフォームした際に将来は子供部屋にしようと、間取りに書斎を加えた。居間の一角にはノートパソコンを置ける「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン