/

往来制限の相互緩和で一致 日ベトナム

茂木敏充外相は19日の閣議後の記者会見で、ベトナムと相互の往来制限を段階的に緩和することで一致したと発表した。日本が18日に国際的な往来再開に向けた措置を決めたのを受け、両国政府間で方針を確かめた。日本にとって新型コロナウイルス対策の往来制限を緩和する第1弾になる。

ビジネス関係者らを優先する。茂木氏は開始時期や具体的な手続きについて「詳細は外交ルートを通じて調整する」と話した。「そんなに時間はかからないと思う」とも語った。

ベトナムに続いてタイとの往来再開も確認する方向だ。日本はまずベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国と往来再開に向けて協議中だ。茂木氏は「ベトナム、タイが豪州、NZより先になるのではないか」と述べた。

ベトナムとの往来を巡っては、日本企業の駐在員交代などのため6月下旬にチャーター機を複数便運航する調整に入った。邦人ら500人規模が利用する見込みだ。日本側はベトナムからの技能実習生らの受け入れ再開策も詰める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン