増える豪雨と氾濫 川づくりの見直し迫る
海と水辺の散歩

コラム(社会・くらし)
2020/6/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年も雨のシーズンが到来した。川はひとたび大雨になればあふれて氾濫する。自然の仕組みの中では川は固定されておらず、自由奔放に流れを変え、肥沃な大地を作り上げてきた。平野は水の力があったからこそできあがった地形だ。

洪水は昔から恐ろしいものではあったけれど、地域住民に水につかる場所は周知の事実として情報が共有されていた。だから大きな川の近くに住む場合は盛り土の上に蔵を建てたり、避難用の舟が天井につ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]