/

この記事は会員限定です

コロナ禍で舞うハゲタカ投資家

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

18日のダウ工業株30種平均は小幅続落。新型コロナウイルスの感染再拡大に対する懸念で売りが先行したが、引けにかけて下げ渋った。全米各州で経済再開が進むが、州によっては新規感染者数の増加が目立つ。再開予定を延期する州が出るなど、経済活動の正常化にはなお時間がかかるとの見方も出ている。

レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングス株はこの日、10%下落した。同社は個人投資家による投機的な買いで株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン