世界の新型コロナ感染者数、845万人 勢い衰えず

2020/6/19 3:46 (2020/6/19 5:28更新)
保存
共有
印刷
その他

インドでは感染者数の増加が続く(17日、ムンバイ)=AP

インドでは感染者数の増加が続く(17日、ムンバイ)=AP

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスの累計感染者数が世界全体で約845万人に増えた。ブラジルでは2日連続で3万人を超える新規感染者が確認され、インドは1日当たりで過去最多を更新した。米国では一部の州で増加が続いており、感染拡大の勢いはなお衰えていない。

米ジョンズ・ホプキンス大によると、日本時間19日午前9時時点で累計の感染者は約845万人、死者は約45万人。南米チリでこれまで漏れていた3万人以上の感染者が加わったことで、17日の1日当たりの感染者数は17万6千人と、16日に記録した約14万人を大幅に上回った。

感染者、死者の数が共に米国に次ぐ世界2位となったブラジルでは、1日あたりの感染者が3万2千人と、2日連続で3万人を突破。ドライブスルー型のPCR検査所を各地に導入するなど検査態勢を拡充し、水面下にいた感染者を把握している。死者も1200人超と高水準で推移する。

インドでも感染者が増加傾向にある。16日の新規感染者は約1万2900人と、過去最多を更新した。7日移動平均でも約1万1500人と、1週間前から15%増加した。米国は新規感染者が2日連続で2万人を超えた。テキサスやフロリダなど早期に経済再開した州で増加傾向が鮮明になっている。

欧州やアジアの一部地域では国境をまたぐ移動制限の緩和が始まっているが、多くの国では収束の兆しはない。今後、さらに感染拡大ペースが加速する可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]