/

石破氏「地方知る人必要」 二階氏留任巡り

自民党の石破茂元幹事長は18日のBS日テレ番組で次の党役員人事で二階俊博幹事長が続投するのが望ましいとの考えをにじませた。二階氏の留任が望ましいかと問われ「気配りができて表も裏も知り尽くした人はそんなにいない。地方のことを知り尽くしている人は党に必要だ」と述べた。

10日発売の月刊誌「文芸春秋」で、石破氏は「ポスト安倍」に改めて意欲を表明した。そのうえで、二階氏、菅義偉官房長官らの名前を挙げて連携に期待感を示した。

石破氏は同じ番組で岸田文雄政調会長が幹事長に就く案には「幹事長の仕事はとにかく選挙に勝つことだと教わってきた。選挙、自民、公明両党の協力をどれだけ強力に実現できるかが問われる」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン