/

この記事は会員限定です

政府、夏に安保戦略で方向性

ミサイル防衛 「敵基地攻撃」再燃

(更新) [有料会員限定]

安倍晋三首相は18日の記者会見で今年夏に新しい安全保障戦略を示す方針を表明した。地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止を受け、ミサイル防衛の代替案を検討する。自民党で発射前に拠点を攻撃する敵基地攻撃能力の保有論が再燃し始めた。

政府は近く国家安全保障会議(NSC)で計画停止を正式に決める。さらに会議を複数回開いて代替案を議論する。

首相は党内の議論を「受け止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン