/

この記事は会員限定です

在宅勤務 評価割れる 伊藤忠は原則出社に、日立は継続

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で導入した在宅勤務を継続するかどうかで企業の対応が割れている。伊藤忠商事は生産性の低下などを理由に段階的に出社に戻した。一方で日立製作所などは多様な人材を活用できるなどとして継続を決めた。今後働きやすい勤務体系を示すことができるかどうかが人材確保のカギになる可能性がある。

5月26日朝、伊藤忠商事の東京本社にはマスク姿の社員らが列を成して出社していった。4月2日に原則在宅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2043文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン