在宅勤務 評価割れる 伊藤忠は原則出社に、日立は継続

2020/6/19 2:30 (2020/6/19 7:18更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で導入した在宅勤務を継続するかどうかで企業の対応が割れている。伊藤忠商事は生産性の低下などを理由に段階的に出社に戻した。一方で日立製作所などは多様な人材を活用できるなどとして継続を決めた。今後働きやすい勤務体系を示すことができるかどうかが人材確保のカギになる可能性がある。

5月26日朝、伊藤忠商事の東京本社にはマスク姿の社員らが列を成して出社していった。4月2日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]