東芝、社外取の小林氏退任へ 後任に中外製薬の永山氏

2020/6/19 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の社外取締役で取締役会議長を務める小林喜光氏が退任の意向を固めたことが18日、わかった。東芝の経営危機のきっかけとなった不正会計問題が発覚した2015年から社外取を務めてきたが、再建に一定のめどがついたと判断して退任するもようだ。後任には中外製薬の永山治名誉会長が就く方向で調整しており、7月以降に開く株主総会で正式決定する。

小林氏は07年、三菱ケミカルホールディングス(HD)社長に就任。経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]