ビジネス往来再開「検査拡充が必要」 首相会見要旨

2020/6/18 23:30
保存
共有
印刷
その他

 通常国会の閉幕を受け、記者会見する安倍首相=18日午後、首相官邸(代表撮影)

通常国会の閉幕を受け、記者会見する安倍首相=18日午後、首相官邸(代表撮影)

18日の安倍晋三首相の記者会見の要旨は次の通り。

【河井夫妻逮捕】

自民党所属だった現職国会議員が逮捕されたことは大変遺憾だ。かつて法相に任命した者として責任を痛感している。国民に深くおわび申し上げる。国民の厳しいまなざしをしっかりと受けとめ、我々国会議員は改めて自ら襟を正さなければならない。

【新型コロナウイルス】

新規感染者は大きく減少している。東京都はこれまで集団感染が確認された夜の街で検査を強化している。検査強化は二次感染を防止するうえで有効だ。クラスター(感染者集団)対策は社会経済活動と両立する形で極めて効果的な手段だ。19日からは接触確認アプリを導入し、もう一段強化する。

【移動制限緩和】

19日から社会経済活動のレベルをもう一段引き上げる。都道府県をまたぐ移動が全て自由になる。コンサートなどのイベントも千人規模で開催が可能になる。ガイドラインを参考に感染予防策を講じてもらいたい。

【ビジネス往来再開】

感染拡大が落ち着いている国を対象に、ビジネス上必要な往来から段階的に再開する協議を開始する。出国前の陰性確認を求め、入国時にもPCR検査を実施する。

当面ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドと協議する。国内外の感染状況を総合的に勘案し、合意に至った国・地域から措置を講じる。米国、中国、韓国も同様の考え方で対応したい。各国と議論をリードする。そのためには検査能力の拡充が必要だ。

【未来投資会議】

コロナの時代、その先の未来を見据えながら新たな社会像、国家像を大胆に構想していく。未来投資会議を拡大し、幅広いメンバーに参加していただき、7月から議論を開始する。

【憲法改正】

自民党は憲法改正に向けて緊急事態条項を含む4項目について、すでに条文のたたき台を示している。各党・各会派の意見も伺いながら深化させたい。建設的な議論や協議を歓迎する。国会での議論は残念ながら全く進まなかった。目の前にある課題を決して先送りすることなく解決する。私たち政治家の責任だ。

自民党総裁として任期の間に改憲を成し遂げる決意と思いはいまだ変わりない。任期内にやり遂げなければならない。

【安全保障戦略】

地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止すると決定した。地元に説明した前提が違った以上、このまま進めるわけにはいかないと判断した。

日本を取り巻く安全保障環境が厳しさを増している。防衛に空白を生むことはあってはならない。安全保障戦略のありようについて国家安全保障会議(NSC)でこの夏徹底的に議論する。新しい方向性を打ち出し、速やかに実行に移す。

(敵基地攻撃能力の保有は)現行憲法の範囲内で専守防衛という考え方のもとで議論する。抑止力は何かということをしっかりと突き詰め、考えないといけない。

【東京五輪】

国際オリンピック委員会(IOC)理事会で安全・安心な環境の提供を最優先、延期に伴う費用と負担を最小化し、簡素な大会を目指す方針が示された。五輪の原点に戻った大会にすると理解している。3月にIOCのバッハ会長と確認した「完全な形」で延期するとの意に沿ったもので、現在もその方針に変わりはない。治療薬やワクチンが果たす役割は大変大きい。世界の英知を結集して開発に取り組む。

【日本人拉致問題】

拉致被害者の横田めぐみさんの父、滋さんが亡くなった。まだ皆さんの願いを実現できず断腸の思いだ。トランプ米大統領らを通じて私の考え方を北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に伝えている。水面下でも様々な対応をしている。政権の最重要課題、私の使命として取り組む。

【衆院解散・総選挙】

通常国会が終わったばかりで、新型コロナ対策に全力を尽くしている中で頭の片隅にもない。様々な課題に真正面から取り組む中で、国民の信を問うべき時が来ればちゅうちょなく解散を断行する考えに変わりはない。

【内閣改造】

まだ先の話だ。今のメンバーでまずは目の前にある新型コロナの感染拡大、経済回復などの課題に全力を尽くしたい。

【ポスト安倍】

私の任期は1年3カ月残っている。まずは全力を尽くしたい。後継者は育てるものではなく、育ってくるものだ。自民党は人材の宝庫だ。地味に成果を出す人もいれば、うまく説明、発信している人もいる。皆さんにその立場で頑張ってもらいたい。

【総裁4選】

自民党のルールに従って任期を務め上げるのは当然だ。これを変えようとは全く考えていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]