マイナンバー 普及へ試練 「10万円」給付で混乱

2020/6/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

すべての住民に12桁の番号を割り振るマイナンバーが正念場を迎えている。新型コロナウイルスの経済対策で、マイナンバーカードは国民に一律10万円を給付する「特別定額給付金」のオンライン申請に使われ、認知度が高まった。しかし制度やシステムの未整備から、市区町村の窓口は混乱し、給付の遅れに国民の不満が募るなど、多くの課題が浮かび上がった。

「スピードを重視し、手続きは郵送やオンラインにしたい」。4月17…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]