アジサイの国の「2000個問題」(時流地流)

斉藤 徹弥
編集委員
2020/6/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

◆「地方財政はアジサイの花だ。全体が一つの大輪にみえるが、子細にみればそれぞれ形の違うがくの集まりである。全体をみると同時に一つ一つ事情が異なる地方団体もみなければならない」。かつて旧自治省の職員は入省時にこう教えられたという。地方財政の専門家として、戦後の地方税財政制度づくりに携わった荻田保さんの言葉だ。

◆その意味を石原信雄元内閣官房副長官は回顧談で「制度を考える場合、その改革が各地域にどんな影…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]