プロ野球

連覇狙う巨人が軸、重厚ベイ打線脅威となるか セ展望

2020/6/18 20:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リーグ2連覇を狙う巨人の前に立ちはだかりそうなのが昨季2位のDeNAだ。打線は看板打者だった筒香(現レイズ)が抜けた穴を感じさせず、他球団の脅威となる。

ラミレス監督が新4番に据えた佐野の前後を、2年連続本塁打王ソト、新外国人のオースティン、実績十分のロペスと宮崎が固める陣容は豪華。三嶋、山崎とつなぐ救援陣は勤続疲労が気がかりだが、打線の破壊力は迫力十分だ。

坂本、丸、岡本ら中心打者が健在の巨人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

8回に登板し、プロ初勝利を挙げた楽天・津留崎(4日、楽天生命パーク)=共同

【楽天7―6ソフトバンク】楽天が逆転勝ちした。3―6の七回にロメロの適時打で追い上げ、八回には2死からブラッシュの適時 …続き (22:31)

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は4日、新型コロナウイルスの感染を調べるために12球団の全選手と監督、コーチ、球団スタッフらが月に1度行うPCR検査について、7月分は計2174人が全員陰性だっ …続き (18:31)

楽天戦を前に練習するソフトバンクナイン(4日、楽天生命パーク)=共同

 ソフトバンクは4日、1軍が通常通りの活動をしていくと発表した。今週は敵地で楽天との6連戦。1軍の30代男性チームスタッフの新型コロナウイルス感染が3日に判明したことを受けて日本野球機構などと連携の上 …続き (14:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]