ファストリ、世界首位意識 「ZARA」に時価総額近づく

2020/6/18 19:50 (2020/6/19 7:21更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ファーストリテイリングの株式時価総額がアパレル世界最大手に近づいている。「ZARA」を運営するインディテックス(スペイン)との差は2017年夏の約4倍から、足元で約1.4倍まで縮まる。欧米市場の需要が急減する中、ファストリが主力のアジアは落ち込みが緩やかだ。情報発信を強化した東京発の新業態で首位を視野に入れる。

QUICK・ファクトセットによると12日時点のフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]