「東京ばな奈」東北へ出張 コロナ禍で苦境の土産菓子

日経MJ
2020/6/19 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NIKKEI MJ

新型コロナウイルスの感染拡大で観光や出張需要が蒸発し、全国各地の菓子メーカーが販売減に苦しんでいる。売り上げを確保しようと、東京土産の代表格でもある「東京ばな奈」は地方都市への出張販売に乗り出した。都道府県をまたいだ移動自粛が解除されたが、当面は売り上げの急回復は見込めない。インターネット通販など、各社はウィズコロナ時代の販売方法を模索している。

JR盛岡駅の「ニューデイズ」で販売中の東京ばな奈。首都圏以外での市中販売は初めて

JR盛岡駅の「ニューデイズ」で販売中の東京ばな奈。首都圏以外での市中販売は初めて

■東京ばな奈、東北に出張販売ツアー

「東京ばな奈」を製造販売するグレープストーン(東京・中央)は5日から、東北での出張販売ツアーに乗り出した。6月末までJR盛岡駅、12日から7月上旬までJR仙台駅で出張販売する。

これまでは東京駅や羽田空港などで東京出張のビジネスパーソンや旅行者に購入してもらっていた。訪日外国人客向けの国際空港や免税店を除き、首都圏以外の街中での販売は初めてとなる。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための外出自粛で、出張や旅行需要は激減。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]