ビジネス渡航、手探りの開国 7月にもベトナムとタイ
米中韓台は遅れる 在留資格保有者の早期帰国も検討

2020/6/18 20:00 (2020/6/19 5:32更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制限している出入国をビジネス目的に限定して緩めると決めた。出入国時のPCR検査が条件になる。まずベトナム、タイを対象に7月にも実施する。入国者は最大でも1日250人で米国や中国、韓国、台湾は秋以降になる可能性がある。日本は検査の拡充が遅れており、手探りの開国となる。

欧州連合(EU)や中韓は開国を進めている。欧州委員会は欧州30カ国への渡航の原則…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]