崖っぷちの南北融和 文政権、深まるジレンマ

2020/6/18 18:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が北朝鮮への対応でジレンマに陥っている。北朝鮮が挑発行動に出た背景には2018年の南北首脳会談で合意した経済協力を履行しない韓国への不満がある。制裁に抵触するとして経済協力を制止する同盟国の米国に同調するか、北に歩み寄るか。文氏は選択を迫られる。

北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破した翌17日、文氏は金大中、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]