タワマン販売延期続出 近畿マンション発売、5月85%減

2020/6/18 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、関西のマンション市場が落ち込んでいる。不動産経済研究所(東京・新宿)が18日発表した5月の近畿2府4県のマンション発売戸数は前年同月比85%減の214戸だった。大阪市内のタワーマンションも販売を延期。不動産各社は販売や入居手続きの現場で3密(密閉・密集・密接)を防ぐ工夫をする。

発売戸数は5月単月では1976年の調査開始以来最低。契約率は50.0%で好不調の分かれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]