/

第二地銀協西川会長「再生支援の相談が増加」

第二地方銀行協会の西川義教会長(愛媛銀行頭取)は18日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症を受けて「(融資先から)既存の融資の条件変更や再生支援の問い合わせが増えている」と述べた。融資先の業績悪化が続けば地銀の融資が焦げ付くリスクが高まる。「他業態・業種と連携しながら地域全体の収益につながる経営が重要だ」とした。西川氏は同日、同協会の会長に就いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン