[社説]コロナと共生問う都知事選

2020/6/18 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都知事選が告示された。首都の新型コロナウイルス対策は日本経済に大きな影響を及ぼし、東京五輪・パラリンピックの行方は世界が注目する。感染抑止と経済活動の両立をどう進めるか、コロナとの共生を問う論戦を望む。

現職の小池百合子氏に、れいわ新選組代表の山本太郎氏、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏、元熊本県副知事の小野泰輔氏、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏ら新人21人が挑む。

コロナ対策と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]