静岡市の競輪事業に暗雲 コロナ禍で収益計画に狂い

2020/6/18 19:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

堅調だった静岡市の競輪事業に急に暗雲が垂れ込めてきた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で稼ぎ頭の大型レースが中止になり、2020年度の収益計画が大きく狂った。4カ月間自粛した車券発売は22日に再開するが、来場者が以前ほどに戻るかは不透明だ。市の財源となる「繰出金」が開設以来初のゼロになる可能性もある。

「選手も競輪ファンもがっかりさせた。無念だ」。市公営競技事務所の中西和哉事業係長は肩を落とす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]