/

この記事は会員限定です

マイクロニクス、妨害ノイズ探知の探針 都産技研と開発

[有料会員限定]

電気計測機器のマイクロニクス(東京都八王子市)は、幅広い周波数帯域の伝導性妨害ノイズを測定できる磁界プローブ(探針)を開発、7月から販売を始める。東京都立産業技術研究センター(産技研)と共同開発した。別の専用機器を使った従来の方法に比べ簡単に測定できるのが特徴で、自動車関連メーカーなどの需要を見込む。

伝導性妨害ノイズは電源や電子機器から発生し、他の電子機器を誤動作させる。電子機器などを出荷する前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン