/

都道府県またぐ移動、19日から可能に 政府対策本部で決定

政府は18日、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、都道府県境をまたぐ移動自粛要請を19日から解除すると決めた。安倍晋三首相は「社会経済活動のレベルをもう一段引き上げる」と述べた。

首相は移動自粛要請に関して「首都圏や北海道を含めて制限がなくなる」と説明した。接待を伴う飲食店など一部業種も「ガイドラインを守ることを前提に休業要請を撤廃する」と語った。「感染防止策を徹底してもらうことに変わりはない。引き続き協力をお願いする」と呼びかけた。

政府は5月25日に新型コロナに関する緊急事態宣言を解除し、7月末までを「移行期間」と位置付けた。感染状況を分析したうえで、約3週間ごとに自粛要請や施設の使用制限を段階的に緩和する。6月19日からは最後まで宣言の対象地域だった北海道と首都圏を含めて全国で移動が可能になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン