スズキ115万台リコール エンジンや緩衝装置で問題

2020/6/18 17:22
保存
共有
印刷
その他

スズキは18日、軽自動車「ワゴンR」「スペーシア」など11車種、計115万4617台(2012年8月~16年2月)をリコールすると国土交通省に届け出た。スズキが製造し、日産が販売する「モコ」やマツダが販売する「フレア」「フレア ワゴン」なども含まれる。不具合はエンジンと緩衝装置の2種類あり、一部車種は重複している。いずれも事故の報告はない。

国交省によると、エンジンに関する不具合は10車種の計96万9800台が対象。耐久性が不足したボルトが折れ、適切な制御ができず、エンストの恐れがある。344件の不具合があった。

緩衝装置は7車種の計61万496台が対象。バネの部分に不具合があり、折れた部品がタイヤを傷つけ、パンクする恐れがある。不具合の報告はパンク3件を含む460件あった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]