中印衝突、火消しに温度差 モディ政権は強硬姿勢

中国・台湾
南西ア・オセアニア
2020/6/18 16:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国とインドの両軍が国境付近で衝突したことを受け、インドのモディ首相は17日、「刺激されれば対抗策を取る」と、領土問題で強硬姿勢を貫く構えを見せた。米国とも対立する中国は沈静化を急ぎたいのが本音だが、事態収拾に向けた両者の温度差は隠せない。

ヒマラヤ山脈などで接する中印間では約3千キロメートルの国境が画定しておらず、領土問題で衝突を繰り返してきた。両軍は15日からインド北部ラダック地方の係争地域…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]