/

この記事は会員限定です

電力先物「早期に本上場」 東商取・石崎新社長が就任

[有料会員限定]

日本取引所グループ(JPX)傘下の東京商品取引所の新社長に経済産業省OBの石崎隆氏(53)が就任した。7月27日に貴金属などの先物市場が大阪取引所に移り、東商取は原油や電力に特化した「総合エネルギー市場」をめざす。18日に取材に応じた石崎氏は電力先物の活性化に意欲を示した。

――就任にあたっての抱負は。

「昨年9月にスタートした電力先物を軌道に乗せたい。経産省時代は担当課で市場創設に携わった。電力自由化の時代、スポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン