埼玉県内4信金、実質業務純益が増加 20年3月期

2020/6/18 16:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県内に本店を置く4信用金庫の2020年3月期単独決算が出そろった。本業のもうけを示す単体の実質業務純益は経費削減や有価証券の利息配当金の増加などが寄与し、全信金で伸びた。税引き利益は与信費用の増加などで、そろって減少した。貸出金利回りの低下は続き、主力の貸出金事業は苦戦。新型コロナウイルスの感染拡大で先行きが不透明な中、取引先を支える強固な収益基盤の構築が求められる。

実質業務純益は埼玉県信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]