秋田ケーブルテレビ、閉館した映画館で上映イベント

2020/6/18 15:29
保存
共有
印刷
その他

秋田ケーブルテレビ(CNA、秋田市)などは5月に閉館した複合映画館(シネマコンプレックス)を今年中に再開するまで、上映イベントやカルチャースクールなどを開く。秋田市中心部のにぎわいを維持する狙い。

営業再開までイベントを開く(18日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェ)

秋田駅東口の官民複合ビル「秋田拠点センター・アルヴェ」内にある映画館(5スクリーン718席)を「AL☆VEシアター(仮)」と名付け、19日から毎週金土日曜日に入場無料のイベントを開く。

映像祭を受賞した番組や秋田竿燈まつりの映像を上映するほか、高齢者向け健康講座などを開く。新型コロナウイルス感染防止のため、座席を定員の半分にする。

CNAはアルヴェの民間棟を管理・運営する秋田新都心ビル(秋田市)を双日から3月に買収した。南部興行(盛岡市)が5月16日に閉館した映画館「ルミエール秋田」を引き継ぐことを決めている。秋田新都心ビルが秋田シネマ&エンターテイメント(秋田市)を全額出資で5月28日に設立し、営業再開に向け配給会社などと交渉中という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]