翼が折れないJAL、稲盛氏が残した危機に克つ教え

2020/6/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍で未曽有の危機に陥った航空業界。世界の航空大手が経営破綻する動きがあるなか、日本航空(JAL)が踏ん張っている。2010年の経営破綻後、財務リストラや構造改革で改善した収益体質が危機時に生きた。だが、翼が折れないのはそれだけが理由ではない。「不況こそ成長のチャンス」と唱えた稲盛和夫元会長の残した「JALフィロソフィ(哲学)」も、現場の士気を奮い立たせている。

「まるで草原のような畑ですね…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]