体制批判のビラ・拡声器、南北決裂の導火線に
編集委員 峯岸博

北朝鮮
朝鮮半島ファイル
峯岸 博
コラム(国際)
編集委員
2020/6/19 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南北軍事境界線にほど近い開城と金剛山に軍部隊を展開すると表明した北朝鮮。韓国への敵対姿勢を強めたきっかけは、韓国の脱北者団体による金正恩(キム・ジョンウン)体制批判のビラ散布だ。過去、ビラは韓国軍が使用した拡声器の宣伝放送とともに、南北関係の悪化・決裂に至る導火線になってきた。

韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」が5月31日に北朝鮮に向けて飛ばした大型風船20個には、ビラ50万枚、小冊子50冊…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]