「在宅勤務続けたい」社員 出社は強制できるか

法務インサイド
瀬川 奈都子
法務・ガバナンス
編集委員
2020/6/20 2:00 (2020/6/20 5:24更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊急事態宣言が解除され、通勤する人々が増えてきた(6月、東京・丸の内)

緊急事態宣言が解除され、通勤する人々が増えてきた(6月、東京・丸の内)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され1カ月近くが経過し、オフィス街にも人出が戻りつつある。だが、企業のなかには社員から「在宅勤務でも仕事はまわっているのに、出社しなければならないのか」と聞かれて対応に苦慮するところも多いようだ。企業は社員に出社を強制できるのだろうか。専門家への取材をもとにQ&Aでまとめた。

Q 在宅勤務を続けたいと主張する社員がいる。出社を強制できるか。

A 法的には企業は、業務命令として出社を命じる権利はある。労働者は労働契約上の労務提供義務を負っており、そこには、契約で定められた就業場所で就労する義務…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]