すき家、進化形牛丼開発に注力 家族連れ取り込み狙う

2020/6/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゼンショーホールディングス(HD)傘下の牛丼チェーン「すき家」が新メニューの開発に力を入れている。ご飯の代わりに野菜を使ったものや洋風牛丼など多彩な商品を続々投入。牛丼は日本のファストフードとして定着したが、競争は激しく他社も商品開発に余念がない。顧客を飽きさせずに需要を捉えた商品展開の継続を目指す。

すき家は牛丼の上にレタスサラダをのせた「ハニマスレタス牛丼」を5月下旬発売した。国産レタスにハ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]